省エネルギー計算ソフト エネボス(フリーソフト)

平均日射熱取得率(ηAC値、ηAH値)

平均日射熱取得率とは

平均日射熱取得率(ηA値)とは住宅にどのくらいの日射熱が入るかを表した数値です。
数値が大きいほど日射熱が住宅内に入ることを表します。
省エネルギー基準(省エネ基準)の外皮性能を表す指標の一つです。
季節によって日射の強さや太陽の高さが異なるため、冷房期(ηAC値)暖房期(ηAH値)をそれぞれ計算します。

日射熱の多くは窓から住宅内に入りますが、外壁や天井などからも日射熱は入ります。
そのため、平均日射熱取得率は窓だけでなく、外壁などの部位も考慮しなければなりません。
なお、床や土間床などからは日射が入りませんので、これらは考慮する必要はありません。

外皮性能基準では冷房期の平均日射熱取得率(ηAC値)の基準値が定められています。
暖房期の基準値はありません。
暖房期の平均日射熱取得率(ηAH)は、一次エネルギー消費量を計算するときに使用します。


冷房期の平均日射熱取得率(ηAC値)

冷房期の平均熱取得率(ηAC値)とは、屋根、外壁、窓などの外皮の各部位から入射する日射量を外皮のの面積の合計で除し、×100して求めます。


計算式

冷房期


暖房期


ηA,C 冷房期の平均日射熱取得率
ηA,H 暖房器の平均日射熱取得率
Ai 外皮の部位(一般部位又は開口部)�iの面積(m2)
ηH,i 外皮の部位(一般部位又は開口部)�iの暖房期の日射熱取得率
ηC,i 外皮の部位(一般部位又は開口部)�iの冷房期の日射熱取得率
νH,i 外皮の部位(一般部位又は開口部)�iの暖房期の方位係数
νC,i 外皮の部位(一般部位又は開口部)�iの冷房期の方位係数
Aenv 外皮の部位の面積の合計(m2)

簡略式

平均日射熱取得率(ηA値)=
 Σ([面積] × [日射熱取得率] × [方位係数]) / [外皮面積] × 100

各部位の日射熱取得量を合計し、外皮面積で割って100かけたものが平均日射熱取得率(ηA値)です。
平均日射熱取得率は冷房期と暖房期で計算に使用する係数などが変わります。


計算方法

平均日射熱取得率の計算方法について解説します。


省エネ基準の基準値

平均日射熱取得率の基準値は、冷房期(ηAC値)のみ設けられていて、暖房期の基準はありません。
暖房期の平均日射熱取得率は一次エネルギー消費量計算時に使用します。

地域 5 6 7 8
基準値 3.0 2.8 2.7 6.7

1~4地域の基準はありません。
8地域は令和2年(2020年)4月より基準値が3.2から6.7に変更になりました。