設計仕様や窓を一括で変更する

省エネ計算をすると基準をクリアできない場合や、もっと性能を高くしたい場合は、設計仕様や窓を変更して繰り返し計算し、目標の性能に近づけていきます。

ただ、設計仕様などを部位ごとに一つ一つ選択し直すのは面倒です。
エネボスでは「置換(設計仕様・材料)」という機能があり、この機能を使用すると一度に設計仕様などを置き換えることができます。

検索」メニューの「置換(設計仕様・材料)」を選択すると、以下のウインドウを表示します。

置換機能

 

現在の設計仕様(または材料、窓など)を「検索」で選択し、変更後の設計仕様を「置換」で選択し「OK」ボタンをクリックします。
上記の設定ですと、外壁で「充填断熱-軸組構法」が選択されている部位を、一度に「充填断熱(高性能グラスウール)」に置き換えることができます。

この機能を使用することで短時間に様々な設計仕様や断熱材・厚さ、または窓仕様やガラス仕様を変更し計算することができます。

省エネルギー計算ソフト エネボス(フリーソフト)
2021年07月07日|ブログのカテゴリー:Tips